読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画雑記 ブログ

映画なんか見ているよりも、乃木坂と欅坂のメンバーを見ていた方が、心が癒やされる。

第40回日本アカデミー賞 最優秀賞 受賞結果

※テレビ放送順となっています。

最優秀助演女優賞

杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』

f:id:v2ki:20170303212912j:plain

順当。

 

最優秀助演男優賞

妻夫木聡『怒り』

f:id:v2ki:20170303214831j:plain

最近の役選びは自身のイメージを壊していこうとする意志が感じられるので今回の受賞は妥当だったのかも。

 

最優秀主演女優賞

宮沢りえ『湯を沸かすほどの熱い愛』

f:id:v2ki:20170303221747j:plain

順当。

 

最優秀監督賞

庵野秀明樋口真嗣シン・ゴジラ

f:id:v2ki:20170303221839j:plain

!!!!!

日本アカデミー賞の流れが変わった瞬間だと思う!

特撮作品の監督として最優秀賞初受賞!!!凄い!!!

 

最優秀主演男優賞

佐藤浩市『64-ロクヨン-前編』

f:id:v2ki:20170303225357j:plain

最優秀賞受賞は初受賞した『忠臣蔵 四谷怪談』ぶりの二度目。

おめでとうございます。

 

最優秀アニメーション作品賞

この世界の片隅に片渕須直

f:id:v2ki:20170303225805j:plain

順当といえば順当なのだが、日本アカデミー賞が『君の名は。』ではなく『この世界の片隅に』を最優秀賞に選んだことに震えた。

放送を見ていた誰しもが『この世界の片隅に』は無視されてしまう存在だと思っていただろう。しかし、日本アカデミー賞は最優秀賞に選んでしまったのだ。『君の名は。』ではなく『この世界の片隅に』を。

真っ当な評価をしてしまっていては日本アカデミー賞としての立ち位置がなくなってしまうし、『君の名は。』は最後の希望として日アカに期待していたんだぞ!

 

最優秀脚本賞

新海誠君の名は。

最優秀美術賞

林田裕至、佐久間依里シン・ゴジラ

最優秀撮影&照明賞

山田康介(撮影)、 川邉隆之(照明)シン・ゴジラ

最優秀録音賞

中村淳(録音)、山田陽(整音)シン・ゴジラ

最優秀編集賞

庵野秀明佐藤敦紀シン・ゴジラ

最優秀音楽賞

RADWINPS君の名は。

最優秀外国作品賞

ハドソン川の奇跡クリント・イーストウッド

 

最優秀作品賞

シン・ゴジラ庵野秀明樋口真嗣

f:id:v2ki:20170303225317j:plain

特撮作品として初最優秀賞。

特撮作品の受賞はないという先入観から『怒り』で予想をしましたが、優秀賞作品の中では『シン・ゴジラ』が最優秀賞を獲得するのが全ての面で妥当だろう。

脚本賞では優秀賞入りしていない点で、特撮怪獣物が素直に受け入れられていないことと、長い間アニメ畑にいた庵野秀明への反抗心が窺える。

技術部門多数受賞はめでたいことですが、日本アカデミー賞は「作品賞受賞→技術部門も」という風潮があるので、なるべくしてなった結果でしょう。

 

第41回日本アカデミー賞も楽しみにしてます。

 

放送を見ながら、「○○がノミネートされていない!」と怒るみなさま・・・

その作品は世間的には全く評価されていないんですよ。評価されていないどころか存在すら把握されていないんですよ。

第40回日本アカデミー賞 最優秀賞予想

作品賞 

◎『怒り』
『家族はつらいよ』
○『シン・ゴジラ 
△『湯を沸かすほどの熱い愛』
『64-ロクヨン-前編』

 日アカなら『怒り』が最優秀賞になるはず。『シン・ゴジラ』は脚本賞入りしていないのが気がかり。

大穴で中野量太監督作品『湯を沸かすほどの熱い愛』の可能性あり。SNS上での人気は凄まじいものがあるが、ご都合主義な脚本がどう評価されているのか気になるところ。

 

アニメーション作品賞 

○『君の名は。
『映画「聲の形」』
◎『この世界の片隅に
ルドルフとイッパイアッテナ
ONE PIECE FILM GOLD

 

君の名は。』が最優秀作品賞に最も近い存在だと思っていたが、『この世界の片隅に』の爆発っぷりが前者の存在をかき消す勢いだ。いつもの日アカなら『君の名は。』が、世間の流れに身を投じるのであれば『この世界の片隅に』が受賞。

他の賞レースに目を通すと、2016年公開日本映画中でぶっちぎりの受賞数なのは『この世界の片隅に』である。

 

監督賞
庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督)『シン・ゴジラ
新海誠君の名は。
瀬々敬久『64-ロクヨン-前編』
○中野量太『湯を沸かすほどの熱い愛』
◎李相日『怒り』

 

中野量太が最優秀賞を受賞するのではという考えもあるが、第37回で白石和彌が優秀賞止まりであったことを考慮すると「お記念受賞」感が湧いてきてしまうので、作品賞からの流れで監督賞も『怒り』の李相日が妥当(第34回以降は作品賞と監督賞は同じ)。

新海誠日本アカデミー賞史上初のアニメーション作品監督として優秀賞を受賞したことは頭の片隅に置いておいてほしい。

 

主演男優賞
綾野剛『日本で一番悪い奴ら』
岡田准一海賊とよばれた男
佐藤浩市『64-ロクヨン-前編』
長谷川博己シン・ゴジラ
松山ケンイチ『聖の青春』

 

第38回、第39回と続いてしまった黒歴史が終わる。

東宝票は分散、KADOKAWA票は集中。

 

主演女優賞
大竹しのぶ『後妻業の女』
黒木華リップヴァンウィンクルの花嫁』
広瀬すずちはやふる-上の句-』
宮崎あおい『怒り』
宮沢りえ『湯を沸かすほどの熱い愛』

 

今年も宮沢りえが受賞して最多受賞者に大手をかける展開。

日アカにとっては黒木華が推しメンなので彼女が今年も受賞したらガチ恋勢確定である。

 

助演男優賞
◎竹原ピストル『永い言い訳
妻夫木聡『怒り』
東出昌大『聖の青春』
森山未來『怒り』
リリー・フランキーSCOOP!

 

竹原ピストル以外に最優秀賞に相応しい人がいない。安定した演技を見せた東出昌大が受賞するのも面白いかな。

 

助演女優賞
石原さとみシン・ゴジラ
市川実日子シン・ゴジラ
杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』
広瀬すず『怒り』
宮崎あおい『バースデーカード

 

ご都合主義な脚本に付き合った杉咲花が強い。

 

脚本賞

中野量太『湯を沸かすほどの熱い愛』

音楽賞

RADWINPS『君の名は。

撮影賞、照明賞

笠松則通、中村裕樹『怒り』

美術賞

林田裕至、佐久間依里『シン・ゴジラ

録音賞

中村淳(録音)、山田陽(整音)『シン・ゴジラ

編集賞

庵野秀明佐藤敦紀シン・ゴジラ

外国作品賞

ハドソン川の奇跡

 

3月3日(金)放送予定です。

どうでもいい賞なので見逃してしまっても問題ないと思います。

2016年12月劇場鑑賞

f:id:v2ki:20161231131853j:plain

4日『アズミ・ハルコは行方不明』松居大悟 ×

7日『古都』Yuki Saito △

11日『海賊とよばれた男山崎貴 ×

17日『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーギャレス・エドワーズ ×

  『ドント・ブリーズ』フェデ・アルバレス ◎

18日『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』三木孝浩 ◎

23日『聖杯たちの騎士』テレンス・マリック △

30日『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2度目)

2016年11月劇場鑑賞

f:id:v2ki:20161223221150j:plain

4日『ぼくのおじさん』山下敦弘 ○

5日『溺れるナイフ』山戸結希 △

11日『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 △

13日『この世界の片隅に片渕須直 ◎

  『ミュージアム』大友啓史 ××× 今年を代表するゴミ映画の一本

19日『THE NET 囚われた男』キム・ギドク(フィルメックス) ◎

20日『聖の青春』森義隆 △

23日『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』デヴィッド・イェーツ ×

27日『タイペイ・ストーリー』エドワード・ヤン(フィルメックス)

  『侠女』キン・フー(同上)

2016年10月劇場鑑賞

f:id:v2ki:20161121223637j:plain

2日『SCOOP!』大根仁 ◎

  『レッドタートル ある島の物語』マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット △

8日『OUT』平山秀幸 (新文芸坐での特集上映)

  『愛を乞うひと平山秀幸 (同上)

  『少女』三島有紀子 ×

16日『GANTS:O』さとうけいいち、川村泰 ×

17日『永い言い訳西川美和 ◎

18日『お父さんと伊藤さん』タナダユキ ○

  『何物』三浦大輔 ×

21日『スター・トレック BEYOND』ジャスティン・リン ◎

22日『七人の侍黒澤明 (午前十時の映画祭)

23日『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』山口雅俊 △

28日『バースデーカード』吉田康弘 ◎

29日『湯を沸かすほどの熱い愛』中野量太 ×

30日『デスノート Light up the NEW world』佐藤信介 ×