映画雑記 ブログ

映画なんか見ているよりも、乃木坂と欅坂のメンバーを見ていた方が、心が癒やされる。

2014年12月新作鑑賞

A(2014年ベスト候補)、B(良)、C(並)、D(残念)、E(2014年ワースト候補) ■B 『ゴーン・ガール』★★★★☆ 200点くらいの出来栄えを期待していた結果、『ゴーン・ガール』は90点くらいで落ち着きました。 考察する箇所なんてほぼないと思うのだが、ずっとシコリとな…

2014年11月新作鑑賞

A(2014年ベスト候補)、B(良)、C(並)、D(残念)、E(2014年ワースト候補) ■A 『クローバー』★★★★★ 驚くほど良すぎてため息が出た。 古澤健作品を好きになる日が来ることになるなんて予想すらしていなかった。 文句のつけようのない演出の数々に感動。ハッとした…

『くちびるに歌を』予告編解禁&試写会情報

映画『くちびるに歌を』予告篇 - YouTube 原作同様に生徒主体で物語が進行するものだとばかり思っていたら、柏木(新垣結衣)主体で物語が進行していく雰囲気な予告編。 そして、ポスターも解禁。 先日公開された『アオハライド』が非常に薄っぺらな作品だった…

2014年10月新作鑑賞

A(2014年ベスト候補)、B(良)、C(並)、D(残念)、E(2014年ワースト候補) ■A 『ファーナス 訣別の朝』★★★★★ 2014年ベスト確定。開始早々、ウディ・ハレルソンの暴力シーンから釘付け。ライフルを構えたチャンベの姿なんてぐうの音も出ない程のかっこよさ。各シ…

『くちびるに歌を』特報解禁

「てきとーによろしく」ってことで特報が解禁されました。 映画『くちびるに歌を』特報 - YouTube 『陽だまりの彼女』、『ホットロード』の舞台だった神奈川県の次に選ばれたのは長崎県。 『くちびるに歌を』の前に公開される『アオハライド』の舞台も長崎県…

2014年9月新作鑑賞

A(2014年ベスト候補)、B(良)、C(並)、D(残念)、E(2014年ワースト候補) ■A 『猿の惑星:新世紀』★★★★★ 前評判で目にしていた「銃社会への批判」の枠なんかぶち壊してる作品だった。2014年になってから「これだ!」っていうSF映画がなかったからこそ来る感動。…

TIFFに行ってきた

第27回東京国際映画祭に参戦。 キム・ドンフ監督『メイド・イン・チャイナ』 チョ・グニョン監督『アトリエの春』 中川龍太郎監督『愛の小さな歴史』 平日に行くことは不可能であったことと、10月25日は『遺灰の顔』、『共犯』もチケットを確保済みであった…

2014年国内映画賞まとめ(2015.1.23)

第29回高崎映画祭 最優秀作品賞・特別大賞 『野のなななのか』 最優秀監督賞 呉美穂 最優秀主演女優賞 常盤貴子『野のなななのか』 安藤サクラ『0.5ミリ』、『百円の恋』 最優秀主演男優賞 綾野剛『そこのみにて光輝く』 最優秀助演女優賞 池脇千鶴『そこの…

『くちびるに歌を』キービジュアル公開 他

公式ページにてキービジュアルが公開され、一般公開日は2月28日で決定とのこと。 新垣結衣 映画 「くちびるに歌を」 映像公開 - YouTube 新垣結衣が直筆手紙のサプライズ - YouTube 上の一つ目の動画内にて、草原のような場所を歩いている姿がある。このよう…

第38回日本アカデミー賞について

第38回授賞式の日程は2015年2月27日に決定。 選考対象作品は2013年12月15日~2014年12月13日に公開され、選考基準満たした作品となる。 9月終了時点で優秀作品賞受賞の可能性がありそうな作品は、 東宝 『永遠の0』、『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』、『…

2014年8月新作鑑賞

A(2014年ベスト候補)、B(良)、C(並)、D(残念)、E(2014年ワースト候補) ■B 『るろうに剣心 京都大火編』★★★★☆ 逆刃刀が折れる村での子役の演技にかなり苛々させられた。今の御時世にあんな演技をさせる監督って・・・。アクションシーンはカメラが寄っている…

『寄生獣』を読んだ

盆休みを利用して『寄生獣』を読んだ。山崎貴の手で映像化されますが、某巨人マンガの実写化よりは非常にやりやすいのではないかなという印象。 Part1、Part2の二部作。最近は二部作攻めが多い。一作でまとめきれないのであれば最初から手を出すなとも言いた…

2014年7月新作鑑賞

A(2014年ベスト候補)、B(良)、C(並)、D(残念)、E(2014年ワースト候補) ■A 『怪しい彼女』★★★★★ マルスンが偽名を騙る際にオードリー・ヘプバーンから引用するのは、身分を隠さなければいけないということに繋がる。(『ローマの休日』で彼女が演じたアンは身…

ホットロード

★★ 監督:三木孝浩 脚本:吉田智子 撮影:山田康介 出演:能年玲奈、登坂広臣、木村佳乃、竹富聖花 7月17日の一般試写にて鑑賞。 つまらなかった。監督が三木孝浩、主演が能年玲奈ということで今年一番期待していた作品なだけにガッカリしてしまった。 何が…

『くちびるに歌を』映画化発表

中田永一(乙一)原作『くちびるに歌を』の映画化が公式発表された。 監督:三木孝浩(『陽だまりの彼女』、『ホットロード』、『アオハライド』) 脚本:持地佑季子(『管制塔』)、登米裕一(『ばけもの模様』、『ガール・スパークス』) ▼キャスト 柏木ユリ:新垣…

2014年上半期ベスト作品選出

『ラッシュ/プライドと友情』ロン・ハワード ★★★★★ 『メビウス』キム・ギドク ★★★★★ 『たまこラブストーリー』山田尚子 ★★★★★ 『新しき世界』パク・フンジョン ★★★★★ 『機動戦士ガンダムUC ep1~7』古橋一浩 ★★★★★ 『Seventh Code:セブンスコード』黒沢清 ★…

2014年6月新作鑑賞

A(2014年ベスト候補)、B(良)、C(並)、D(残念)、E(2014年ワースト候補) ■B 『グランド・ブダペスト・ホテル』★★★★☆ 洗練された画面構成に大興奮。これがウェス・アンダーソンの「世界」なのか。 カラフルな色調から一転、ラストには白黒映像が待っている。こ…

2014年5月新作鑑賞

A(2014年ベスト候補)、B(良)、C(並)、D(残念)、E(2014年ワースト候補) ■A 『たまこラブストーリー』★★★★★ ド直球!『たまこラブストーリー』が王道青春映画として傑作だった。「進路選択に迫られた時の個々の成長」 テレビシリーズの『たまこマーケット』は…

2014年4月新作鑑賞

A(2014年ベスト候補)、B(良)、C(並)、D(残念)、E(2014年ワースト候補) ■B 『エヴァの告白』★★★★☆ トンネル内を逃走するシーンでの照明の焚き方が非常に良かった。 ラストのサッシと鏡を使った画面構成も素晴らしく、同じ方向に進んで行く様に見せる巧みな映…

キム・ギドク監督最新作!『Moebius』

★★★★★ 監督、脚本:キム・ギドク 出演:チョ・ジェヒョン、ソ・ヨンジュ、イ・ウヌ 5月17日より開催される「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2014」のクロージング作品として『メビウス』が上映される。 一般公開は今冬より新宿武蔵野館でと…

2014年3月新作鑑賞

A(2014年ベスト候補)、B(良)、C(並)、D(残念)、E(2014年ワースト候補) ■A 『メビウス』★★★★★ キム・ギドク最新作『Moebius』については時間があるときに個別記事として投稿するつもり。 「チョ・ジェヒョンとのタッグ再び!」というだけでも見たくなってしま…

第37回日本アカデミー賞最優秀賞発表!

■作品賞 『舟を編む』 ■監督賞 石井裕也(舟を編む) ■主演男優賞 松田龍平(舟を編む) ■主演女優賞 真木よう子(さよなら渓谷) ■助演男優賞 リリー・フランキー(そして父になる) ■助演女優賞 真木よう子(そして父になる) ■最優秀アニメーション賞 『風立ちぬ』 …

ホビット 竜に奪われた王国

★★★★☆ 監督:ピーター・ジャクソン 脚本:ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、ギレルモ・デル・トロ 出演:マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・アーミティッジ、ルーク・エヴァンズ、オーランド・ブル…

第86回アカデミー賞 結果

■作品賞 『それでも夜は明ける』 ■監督賞 アルフォンソ・キュアロン(『ゼロ・グラビティ』) ■主演男優賞 マシュー・マコノヒー(『ダラス・バイヤーズクラブ』) ■主演女優賞 ケイト・ブランシェット(『ブルージャスミン』) ■助演男優賞 ジャレッド・レト(『ダ…

第86回アカデミー賞 6部門予想

■作品賞 『ゼロ・グラビティ』 ■監督賞 アルフォンソ・キュアロン(『ゼロ・グラビティ』) ■主演男優賞 マシュー・マコノヒー(『ダラス・バイヤーズクラブ』) ■主演女優賞 ケイト・ブランシェット(『ブルージャスミン』) ■助演男優賞 ジャレッド・レト(『ダラ…

日本アカデミー賞最優秀賞予想

全部門最優秀賞予想 作品賞…『舟を編む』 アニメーション作品賞…『風立ちぬ』 監督賞…是枝裕和(そして父になる) 主演男優賞…松田龍平 主演女優賞…真木よう子 助演男優賞…リリー・フランキー 助演女優賞…中谷美紀 脚本賞…渡辺謙作(舟を編む) 音楽賞…久石譲(か…

2014年2月自宅鑑賞

■増村保造 『陸軍中野学校』 『清作の妻』 『最高殊勲夫人』 『赤い天使』 『くちづけ』 『からっ風野郎』 『妻は告白する』 『氾濫』 『好色一代男』 『でんきくらげ』 『しびれくらげ』 『卍』 『女経』(増村の『耳を噛みたがる女』のみ) 『刺青』 『華岡…

2014年2月新作鑑賞

A(2014年ベスト候補)、B(良)、C(並)、D(残念)、E(2014年ワースト候補) ■B 『ウォールフラワー』★★★★☆ 今月鑑賞したということで2014年の「青春作品」枠でトップクラスの存在になりそう。 『スノーピアサー』★★★★☆ ポン・ジュノ監督作品という色眼鏡ありだけ…

コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス1期を見終わりました。 STAGE13で見止まっていたから、STGAE14「ギアス 対 ギアス」から見始めてた。 そんで、おもしろすぎたってことっす。 大河内一楼はこんなに面白い脚本を書けるのに、ヴァルヴレイヴはどうして失敗してしまったのだろう。 …

安藤政信の「今」

安藤政信 2013年3月よりディケイドに所属したが、同年9月30日付で退社している。なお、現在は南極にいる。 _人人人人人人人人人_ > 現在は南極にいる <  ̄Y^Y^Y^Y^^Y^Y^Y^Y^ ̄— キャリー山田 (@k1muAtoZ) 2014, 2月 18 このツイートが地味にRTされてる。…