読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画雑記 ブログ

映画なんか見ているよりも、乃木坂と欅坂のメンバーを見ていた方が、心が癒やされる。

2013年6月

『はじまりのみち』/原恵一

f:id:v2ki:20131111230851j:plain

★★★★☆

出演:加瀬亮ユースケ・サンタマリア濱田岳、田中裕子

 ラスト、暗闇のトンネルへと進んでいく木下恵介(加瀬亮)。先の見えない時代の中で、進むべき道を切り開こうとする姿として受け取った。

@MOVIXつくば シネマ8

 

『さよなら渓谷/大森立嗣

f:id:v2ki:20131111231329j:plain

★★★★

出演:真木よう子大西信満

 どこかキム・ギドクな雰囲気が漂う一本。

@よみうりホール(試写会)

 

華麗なるギャツビー(2013)』/バズ・ラーマン

f:id:v2ki:20131111232823j:plain

★★★★★

出演:レオナルド・ディカプリオトビー・マグワイアキャリー・マリガン

 キャリー・マリガン出演作品だから。

@シネマックスつくば シネマ8

 

『嘆きのピエタ』/キム・ギドク

f:id:v2ki:20131111231538j:plain

★★★★☆

出演:チョ・ミンス、イ・ジョンジン

 キム・ギドクの作品を制覇した上で挑んだ作品。おもしろいことに違いはないのだけれども、もうちょっとオカシナものを見てみたかった。

 何はともあれ、今後もキム・ギドク監督作品は抑えていきたい。

@Bunkamuraル・シネマ1 

 

真夏の方程式/西谷弘

f:id:v2ki:20131111232058j:plain

★★★★★

出演:福山雅治、吉高由里子、杏、前田吟風吹ジュン、山崎光

 テレビ映画だからという理由で敬遠した人は勿体無い。

 映画として非常に見応えもあり、なによりも福山雅治の落ち着きに驚かされる。前作、『容疑者Xの献身』ではどこか浮いた部分が見られていたが、今回の福山雅治は地に足を置き、しっかりとした姿勢で湯川学を演じきっている。それは、『そして父になる』で父親役というものを経験していたからこそ成せたことである。

 

【旧作】

『カラスの親指』、『ストレンヂア』、『バンジージャンプする』

 

劇場鑑賞本数→25本

自宅鑑賞数→30本