読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画雑記 ブログ

映画なんか見ているよりも、乃木坂と欅坂のメンバーを見ていた方が、心が癒やされる。

第37回日本アカデミー賞予想④主演男優賞

 今回は最優秀主演男優賞の予想。

 まずは過去の最優秀賞の紹介。

 今回はカンヌ審査員賞受賞作品とアカデミー賞日本代表作品が話題になっています。主要部門は『舟を編む』か『そして父になる』の勝負になるのではないかなと。流れとしては第32回、第34回に近いのかな。

 

松田龍平舟を編む

f:id:v2ki:20131207225834j:plain

 水口でお馴染みの松田龍平

 あまちゃん+日本代表」ということで最優秀賞に最も近い存在。

 彼が最優秀賞を取れば、メディアとしては松田優作も絡められるので良い事ばかり。

 

◯福山雅治『そして父になる』

f:id:v2ki:20131207230418j:plain

 対向するのは福山雅治。

 初の父親役に挑み、落ち着いた素晴らしい演技を披露している。ただ、彼が最優秀賞を取っても面白くないのが難点。『容疑者Xの献身』では、作品自体は優秀賞に入るも、彼自身は主演男優賞に入れていなかったので、『そして父になる』で雪辱を晴らす。

 

渡辺謙許されざる者

f:id:v2ki:20131207231105j:plain

 

役所広司清須会議

f:id:v2ki:20131207231915j:plain

 

市川海老蔵利休にたずねよ

f:id:v2ki:20131207231925j:plain

 渡辺謙役所広司日本アカデミー賞で外すわけにはいかないっしょ!ということで優秀賞入で予想。市川海老蔵は『利休にたずねよ』でお見事な演技を魅せている。

 

 この5人が固い。

 他は、橋爪功東京家族』が優秀賞入りの可能性あり。

 

 次回はアニメーション作品賞の予想で。

 ちなみに、第35回ヨコハマ映画祭個人賞での主演男優賞は福山雅治でした。