読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画雑記 ブログ

映画なんか見ているよりも、乃木坂と欅坂のメンバーを見ていた方が、心が癒やされる。

第37回日本アカデミー賞予想⑥監督賞

 過去の最優秀監督賞を紹介。

 過去5年だと第33回を除いて、監督、作品の両賞で最優秀を取っている。

 そして、第25回は最優秀作品賞に『千と千尋の神隠し』が選ばれた年である(行定勲監督作品『GO』は優秀賞入り)。この年の監督賞を見ると、優秀賞にすら宮﨑駿の名前がなかったので、アニメーション作品の監督は、この賞には絡まないものと考えていいのかもしれない。過去数年遡っても、アニメーション作品の監督の優秀賞入りはない。『風立ちぬ』が引退作であろうと、『かぐや姫の物語』が長きに渡る製作期間を経たとしても、宮﨑駿、高畑勲の両人は監督賞に絡まないものとして予想します。

石井裕也舟を編む

f:id:v2ki:20131219001554j:plain

是枝裕和『そして父になる』

f:id:v2ki:20131219001642j:plain

 今年は「舟」か「父」の流れ。

 他の国内映画賞を考慮し、『舟を編む』の石井裕也が最優秀賞を取ると予想。

 カンヌ補正で是枝に軍配が上がるかもしれないが。

李相日『許されざる者
三谷幸喜清須会議
原恵一『はじまりのみち』

 他の優秀賞入りは上の3人で。三谷は勿論の事、李も日アカのお気に入りみたいなので。作品賞入りはちと難しい気がするので、監督賞にて原恵一を入れることによって『はじまりのみち』の認知度を高めて欲しい。という願いを込めて。