映画雑記 ブログ

映画なんか見ているよりも、乃木坂と欅坂のメンバーを見ていた方が、心が癒やされる。

2014年1月自宅鑑賞

溝口健二

新・平家物語

雨月物語

『名刀美女丸』

『夜の女たち』

『噂の女』

祇園囃子

『お遊さま』

内田吐夢

宮本武蔵』シリーズ5本

黒沢清

アカルイミライ

『回路』

『カリスマ』

ドッペルゲンガー

『LOFT』

『叫』

『リアル~完全なる首長竜の日~』

増村保造

『巨人と玩具』

兵隊やくざ

『盲獣』

『黒の試走車』

『黒の報告書』

『黒の超特急』

『青空娘』

 他には座頭市シリーズや、レア・セドゥ主演作品などを。

新作レンタルでは『悪いやつら』、『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命』、『コンプライアンス 服従の心理』の三作品を鑑賞。『悪いやつら』、『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命』の二本は、いわゆる「昨年見ていればベストだった」に分類。

 

溝口健二は暫し休憩。2月は継続して増村保造作品を見ています。

「第二回・新午前十時の映画祭」で、内田吐夢の『飢餓海峡』が上映予定なので、そこで鑑賞するつもりです。

 

最後に、TSUTAYAの「昭和キネマ横丁」というコーナーがおもしろいので紹介しておきます。何を見ようか悩んでいる時に、「とりあえずこのコーナーから」といった感じで利用できそう。

f:id:v2ki:20140209202336j:plain