映画雑記 ブログ

映画なんか見ているよりも、乃木坂と欅坂のメンバーを見ていた方が、心が癒やされる。

2015年上半期ベスト

2015年上半期劇場鑑賞ベスト

『ジャッジ 裁かれる判事』

f:id:v2ki:20150124135319j:plain

父と息子、それに話のメインとなるのは次男坊ときた。実に面白い。

予想の遥か斜め右上に突き抜けていくほどの傑作だったので、鑑賞した日は超満足な一日となった。

 

『フォックスキャッチャー』ベネット・ミラー/アメリカ

f:id:v2ki:20150802185551j:plain

二度鑑賞。一度目は爆睡し、二度目はしっかりと見届けた。

テイタムがコカイン吸ってからスクリーンから目を離せなくなった。そのシーンに辿り着くまでがちと体育で、初回はこのシーンにすら辿り着くことなく寝落ちしていた。

 

くちびるに歌を/三木孝浩/日本

f:id:v2ki:20150701215447j:plain

良くも悪くも堅い作品に仕上げてきたなと。
三木孝浩のフィルモグラフィーにおいて上位レベル。
始まり方はいつも通り。
県大会での合唱シーンは歌とともに作中のシーンを振り返る。まるでアニメの最終回を見ているかのようであった。

原作、コミカライズには既に目を通しており、製作発表の段階から応援をしてきたので思い入れが強くなる一方、前二作品が「アレ」だったことで不安が増していたのも事実。しかし、今作の出来には満足できた。

陽だまりの彼女』、『くちびるに歌を』が優れていることを考えると、三木孝浩は原作がマンガよりも小説のほうが合っている。
しかし!ガッキー・・・素人同然の役者にフォローされるような演技はしちゃいけないよ。

はじまりのうた/ジョン・カーニー/アメリカ

f:id:v2ki:20150701220049p:plain

 

シェフ 三ツ星フードトラック始めましたジョン・ファヴロー/アメリカ

f:id:v2ki:20150701220416j:plain

これはロードムービーであり、父息子の物語であった。
フードトラックでの商売を通じて親子の絆が深まっていく・・・なんつーか、ジョン・ファブロー演じるカールの「そして父になる」物語なんだなあ、と。
ラストの批評家の扱いは、今作を鑑賞する批評家に対しての保険かなと。

この記事を書いているのは2015年8月初頭。某映画監督がカールと同じ行動を起こしている時期である。

 

ピッチ・パーフェクト/ジェイソン・ムーア/アメリカ

f:id:v2ki:20150701220522j:plain

最ッ高ッッッ!!!!!

輸入盤を購入し鑑賞。後に劇場公開された今作。上映終了前に駆け込み鑑賞してきたのだが、何度見ても最高じゃないか!!!!!

バーデン・べラーズがひとつとなってアカペラを披露するラストシーンなんて感動すること間違いなし。アナ・ケンドリックが拳を突き上げる瞬間、”””ぼくの体の中で何かが切れた…決定的な何かが…”””となること間違いなし。

ユニバーサルのロゴが出るとこで既に心を射抜かれてしまうほどであった。

 

ワイルド・スピード SKY MISSIONジェームズ・ワン/アメリカ

f:id:v2ki:20150701221012j:plain

 

国際市場で逢いましょうユン・ジェギュン/韓国

f:id:v2ki:20150701221139j:plain

 

味園ユニバース/山本敦弘/日本

f:id:v2ki:20150701221403j:plain

 

海街diary是枝裕和/日本

f:id:v2ki:20150701221927j:plain

 

きみはいい子/呉美穂/日本

f:id:v2ki:20150701222922j:plain

(鑑賞順)

メモとして投稿しておく