読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画雑記 ブログ

映画なんか見ているよりも、乃木坂と欅坂のメンバーを見ていた方が、心が癒やされる。

第39回日本アカデミー賞優秀賞発表、最優秀賞予想

日本アカデミー賞

優秀賞が発表されました。毎度のことながら見事に予想を外しました。

最優秀賞を予想したいです。

部門、「予想→結果」で載せてます。予想は◎>○>▲の順。

優秀作品賞

f:id:v2ki:20160118202924j:plain

『ソロモンの偽証』前後篇/成島出/松竹→『百円の恋』

◎『海街diary

▲『日本のいちばん長い日』

『起終点駅』→『海難1890』

『恋人たち』

『母と暮せば』

 

欲張って6作品で予想していたのですが、内3作品を落とす結果に。

松竹作品を入れすぎたという感じがしていたのと、『百円の恋』が東映絡みの作品だということを見落としてしまっていた。日本代表作品ということも追従しての優秀作品賞入りだと思われる。予想外なのは『海難1890』の優秀賞入り。これこそ東映のゴリ押しだろうけど。

最優秀賞は迷わず『海街diary』で。

 

優秀アニメーション賞

f:id:v2ki:20160118203508j:plain

『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』→『百日紅~Miss HOKUSAI~』

『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記』→『ドラゴンボールZ 復活の「F」』

名探偵コナン 業火の向日葵』

▲『ラブライブ!The School Idol Movie』

○『バケモノの子』

◎『心が叫びたがってるんだ。』

 

コナンが落ちた。ドラえもんも落ちた。そして、妖怪ウォッチは認められなかった。

原恵一の『百日紅~Miss HOKUSAI~』がきちんと評価され、優秀賞獲得という結果になったのは良かったが、『ドラゴンボールZ 復活の「F」』にその価値が有るのだろうかという疑問を抱く。

細田守は過去三作品全てが最優秀賞に輝いているので今年も『バケモノの子』か・・・と思ってしまうが、今年は『心が叫びたがってるんだ。』が強い印象。最優秀賞は『心が叫びたがってるんだ。』で予想しておく。

 

優秀監督賞

本広克行/『幕が上がる』大根仁/『バクマン。

成島出/『ソロモンの偽証』前後篇→武正晴/『百円の恋』

是枝裕和/『海街diary

原田眞人/『日本のいちばん長い日』

山田洋次/『母と暮せば』→田中光敏『海難1890』

橋口亮輔/『恋人たち』

 

作品賞は『海街diary』、監督賞は『百円の恋』・・・日本アカデミー賞でそんなことが起きるわけ無いか。

過去10年、第33回以外は最優秀監督賞受賞の流れで最優秀作品賞も決まっているので、『海街diary』を最優秀作品賞と予想しているので是枝裕和が最優秀賞に輝くと予想。

 

優秀主演男優賞

f:id:v2ki:20160118205227j:plain

大泉洋/『駆込み女と駆出し男』

役所広司/『日本のいちばん長い日』

佐藤浩市/『起終点駅』

浅野忠信/『岸辺の旅』内野聖陽/『海難1890』

二宮和也/『母と暮らせば』

 

またお前らかと言いたくなる人が二名ほどいます。準レギュラー化してます。

助演男優で染谷将太を優秀賞にしたのであれば神木隆之介もしくは佐藤健を主演男優として優秀賞入りさせても良かったのではないか。

昨年のジャニーズタレント解禁により、今年は二宮和也が優秀賞入り。

『駆込み女と駆出し男』は未見のため、大泉洋の演技がどのようなものであったか把握できていないが、他の方の演技を見た上では役所広司内野聖陽が安定していたかなと。過去に同役を演じた三船敏郎と比べられてしまうと役所広司は霞んでしまうが、そんなことをする輩は日本アカデミー賞協会にはいないでしょう。

最優秀賞は『日本のいちばん長い日』の役所広司で。

 

優秀主演女優賞

f:id:v2ki:20160118210255j:plain

安藤サクラ/『百円の恋』

尾野真千子/『きみはいい子』樹木希林/『あん』

綾瀬はるか/『海街diary

深津絵里/『岸辺の旅』有村架純/『映画 ビリギャル』

吉永小百合/『母と暮せば』

 

安藤サクラ以外にいるのだろうか、最優秀賞に相応しい女優が。

昨年、『0.5ミリ』(長尺だけど『百円の恋』より面白い!)で優秀賞入りしている安藤サクラ。彼女を差し置いて最優秀賞を受賞したのは宮沢りえであった。

今年こそ最優秀賞を。

新人枠でも優秀賞入りできるということを知らなかった。過去に蒼井優も新人→優秀賞となっていたのか。リサーチ不足。

 

優秀助演男優賞

f:id:v2ki:20160118211647j:plain

新井浩文/『百円の恋』

リリー・フランキー/『海街diary』or『野火』浅野忠信/『母と暮せば』

本木雅弘/『日本のいちばん長い日』、『天空の蜂』

松坂桃李/『日本のいちばん長い日』伊藤淳史/『映画 ビリギャル』

綾野剛/『天空の蜂』染谷将太/『バクマン。

 

面白い!第39回の主要部門の中で一番面白い!!!2015年の日本映画において男優陣の力の無さ、逆に女性主体の映画が多かったことが伺える。

新井浩文本木雅弘は順当だろう。しかし、伊藤淳史浅野忠信染谷将太には驚かされた。『母と暮せば』を見る前までは浅野忠信が助演男優賞に入るって思っていましたが、いざ本編を見てると・・・なんじゃそりゃ。

日本映画史で4人目となる昭和天皇を演じた者として本木雅弘が最優秀助演男優賞だろう。(海外作品で演じたイッセー尾形片岡孝太郎を除く)

 

優秀助演女優賞

f:id:v2ki:20160118213929j:plain

永作博美/『ソロモンの偽証』吉田羊/『映画 ビリギャル』

満島ひかり/『駆込み女と駆出し男』

長澤まさみ/『海街diary

蒼井優/『岸辺の旅』夏帆/『海街diary

黒木華/『母と暮らせば』

 

予想の段階から悩んだ部門黒木華長澤まさみ以外思いつかなかった。

こうして見ると当たり障りのないメンツだ。吉田羊が少し異質かな。

最優秀賞は長澤まさみで予想。

 

優秀外国作品賞

f:id:v2ki:20160118212353j:plain

『ベイマックス』→『007 スペクター』

○『アメリカン・スナイパー』

▲『セッション』

ワイルド・スピード SKY MISSION』→『キングスマン』

◎『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

 

一作品だけ浮いている作品がありますね。

あちらの国のアカデミー賞でも作品賞を取ってしまうんじゃないの?とさえ思い込ませるほどの勢いを保ち続けた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が日本でも最優秀外国映画として2015年を代表する一本となりそう。キネ旬でも第1位となっているので、マッドマックス以外になったらそれはそれで「やっぱり日本アカデミー賞は面白いなあ」と。

 

-優秀賞未予想部門、最優秀賞予想-

脚本賞

▲足立紳/『百円の恋』

小松江里子/『海難1890』

是枝裕和/『海街diary

原田眞人/『日本のいちばん長い日』

山田洋次、平松恵美子

音楽賞

大島ミチル/『海難1890』

菅野よう子/『海街diary

サカナクション/『バクマン。

富貴晴美/『日本のいちばん長い日』

▲安川午朗/『ソロモンの偽証 前篇・事件』

撮影賞・照明賞

芝主高秀・宮西孝明/『日本のいちばん長い日』

瀧本幹也・藤井稔恭/『海街diary

近森眞史・渡邉孝一/『母と暮せば』

永田鉄男・安藤清人/『海難1890』

藤澤順一・金沢正夫/『ソロモンの偽証 前篇・事件』

美術賞

◎都築雄二/『バクマン。

出川三男/『母と暮せば』

花谷秀文/『海難1890』

○原田哲男/『日本のいちばん長い日』

▲三ツ松けいこ/『海街diary

録音賞

岸田和美/『母と暮せば』

▲弦巻裕/『海街diary

○照井康政(録音)・矢野正人(整音)/『日本のいちばん長い日』

松陰信彦/『海難1890』

◎渡辺真司/『バクマン。

編集賞

石井巌/『母と暮せば』

大関泰幸/『バクマン。

川島章正/『海難1890』

是枝裕和/『海街diary

原田遊人/『日本のいちばん長い日』

 

発表は3月4日!